お問合せ

Copyright (C) 2020 atsumel Inc.

Chatter活用方法 2022年07月28日

Chatter活用方法

みなさんこんにちは
こあらです。

今回は【Chatter活用方法】についてお話します。
以下の観点からお伝えいたしますので最後まで読んでいただければ幸いです。 

CONTENTS
  • 1.そもそも【Chatter】って何…?

    Chatterとは Salesforce のチャット機能であり、グループ投稿やオブジェクト投稿を行うことができます。

    社内向けのSNSツールとして、社内で情報共有に活用いただけると業務の効率化にも繋がるかもしれませんね♪

    例えば、不動産業界でアポイント獲得までの役割を担うインサイドセールス担当者と、実際に現場でお客様に営業活動を実施する営業担当者が別々に存在することがあるかと思います。

    インサイドセールス担当者が電話等でのアポ獲得後、実際の現場担当者に社内SNSのChatterを使ってアポを割り振ることができます。


    また、アポ当該者以外の管理者等もChatterで状況確認出来ることによって、担当者一人ひとりに確認する時間を短縮することができますね。

    では、【Chatter】ではどんなことができるのか紹介していきます。

  • 2.どんな使い方が出来るの?

    ・グループに対する投稿

    全社連絡グループ、営業部グループ、総務部グループ、事務部グループ…
    会社内には部署だけでなくプロジェクト毎のチーム等、たくさんのグループが発生しますよね。
    このようにたくさんあるグループやチーム毎にメッセージを送ることができます。必要な人に必要な情報のみを共有できます。

    また、メッセージに対する「いいね!」や「コメント」も出来ます。
    メールでは返信がないと見てもらえているか不安、見てはいるけど返信するほどの内容でもないという時にも「いいね!」で気軽に反応できるのは両者にとって嬉しいですね。

    Chatterで情報共有することで会議に回数や時間を少なくできるかもしれません。
    多様的な働き方を選択できる今の時代に実用的ですね。

    詳細はこちら(Salseforce公式ヘルプページ)

    ・ファイルの共有

    会議等で必要なデータや資料を事前に配布出来ます。

    気軽にメッセージを送れるChatterでメッセージとともにファイル共有できるのはとっても便利ですね!

    詳細はこちら(Salseforce公式ヘルプページ)

    ・メンション

    宛先を指定して相手にメッセージと通知を送ることができます。
    他のコメントで流れてしまい、自分宛のメッセージを見逃すことを防ぐことができます。

    ここではユーザやグループに通知を飛ばすことが可能です。

    詳細はこちら(Salseforce公式ヘルプページ)

    ・ブックマーク

    後から作業したい!何回か見直す必要がある!
    そんな情報をたくさん流れてくるChatter内から探すのではなく、ブックマークした中から見ることができます。

    確か、1週間前くらいにこの連絡来てたような気がする。
    でもどこにあるっけ…

    ってことありませんか?
    私はあります。これを探すのは無駄な時間と感じている人も少なくないでしょう。

    こんな時にはブックマークをぜひ使いましょう。

     

    「ブックマーク済み」から自分でブックマークした投稿を簡単に探すことができます。

    詳細はこちら(Salseforce公式ヘルプページ)

  • 3.まとめ

    Chatterにはたくさんの機能があります。
    これらをあなたやあなたの会社ごとに合わせた使い方をしてみて下さい。
    習うより慣れろ!
    一度実際に触ってみると、より便利さを感じることができるかも知れません。
    ぜひ、今日ここまで読んだことを活かして活用していきましょうー!
    それではまた次回の記事でお会いしましょう。
    最後までお読み頂きありがとうございました。

CONTACTお問合せ

MORE

電話でお問合せ 052-526-1391
受付時間:平日9:30~18:00

デジタルマーケティング時代における
不動産業界に新たな可能性を