お問合せ

カレンダー便利機能 2022年10月24日

カレンダー便利機能

皆さんこんにちは!
atsumelのこあらです🐨

すっかり寒くなって朝布団が恋しい季節ですね。

さて、今回はSalesforceの【カレンダー】の便利機能についてご紹介いたします。

普段スケジュール管理はSalesforceで行っていますか?
今回より活用して頂くためにSalesforceで使える便利な機能を大きく分けて3つご紹介いたします! 

CONTENTS
  • 1.カレンダー表示切替方法

    カレンダー表示方法は「日」「週」「月」の切替が可能です。

    「月」で表示されている画面がこちらです。

     

    これをカレンダー右上の「▽」より「週」に変更することにより、表示切替が可能となります。

    こちらは自分が使いやすいようにカスタマイズしてみてください◎

    そうすると、、、

    このように「週」での表示に切り替わりました!

    簡単に切替が可能ですので、

    普段は「月」で表示し、タスク確認したいときは「週」に変更するなど自分が使いやすい方法を見つけてみてくださいね。

     

  • 2.他の人のカレンダー表示方法

    普段スケジュールを確認する際に、

    「会議を入れたいけど、他の人の予定が分からない」

    「全員のカレンダーを一つひとつ確認するのが大変」

    というような経験はありませんか?

     

    これらの悩みを解決してくれる方法がございます。

    ①「他のカレンダー」「カレンダー追加」を選択

    ②「カレンダー種別を選択」

    ここで追加したい人を検索します。

    そうすると、、、

    他の人の予定も確認することが出来るようになりました◎

    また、カレンダーの表示カラーを変更することも可能です。

    こちらで「▼」より「カスタム色」を選択できます。

    人や部署などで色分けしたらカレンダーが見やすくなりそうですね。

    色の設定は個人ごとに行う必要があり、
    自分が他のメンバーや部署の色付けをしても、他の人の画面には反映されないのでその点はご注意ください。

     

     

  • 3.Salesforceデータをカレンダーに表示

    最後にSalesforceならではのカレンダー便利機能を紹介します!

    Salesforceに普段入力されているデータの日付項目を元にカレンダー表示させることが可能です。

    これだけではよく分からないと思いますので、具体的に画面とともに説明いたします。

    今回は【商談】の項目のバージョンでお話します!

    ①「私のカレンダー」「新しいカレンダー」を選択します

    ②オブジェクトをここで入力します。

    今回の場合は【商談】です。

    ③「カレンダー名」「開始用の項目」「表示する項目名」の入力があれば作成可能です。

    カレンダー名:カレンダーに表示される名称を指定します

    開始用の項目:カレンダーに入力される商談の日時項目を選択します

           今回は「着地予定日」を表示させています

    表示する項目名:カレンダーに表示される商談項目を選択します

            今回は「商談名」を表示させています

    そうすると、、、

    オレンジで表示されている部分の通り、確認が出来ました!

    さらに追加で【商談】のなかで違う日時項目も表示させることも可能です。

    「契約日」ベースで確認できるカレンダーを作成致しました。

    先ほど紹介しました色分けの機能も駆使し、

    「契約日」ベースの【商談】は緑色で表示されています。

    自分が持っている商談がいつ着地するのか、
    レポートではなく、自分の予定と合わせてカレンダーに表示されたらもっと管理しやすくなりましたね。

    また、「TODO」を表示させることも可能ですので、カレンダーでタスク管理もしてみてくださいね。

  • 4.まとめ

    カレンダー機能の紹介いかがでしたでしょうか。

    まずは色々試してみて、自分にピッタリの便利機能を使ってみてくださいね!

    最後までお読みいただきましてありがとうございました。

    それではまた次回👋

CONTACTお問合せ

MORE

電話でお問合せ 052-526-1391
受付時間:平日9:30~18:00