お問合せはこちら

資料ダウンロード

データローダを使用したレコードの一括削除方法 2023年05月11日

データローダを使用したレコードの一括削除方法

皆さんこんにちは!Beautyです!
私の名前で記事を書いているということは…そうです!
データローダ関連の内容になります!

不要なレコードが大量に存在している時、皆さんはどのように削除していますか…??
1件ずつレコードを開いて削除…なんて日が暮れそうな作業をしている方!!!
この記事を見て定時内に退勤をしてください。

それでは詳細は下記でご説明します! 

CONTENTS
  • 1. はじめに・・・

    データローダでのデータ削除はとっても簡単です。

    下記に大まかな手順を記載します。

    ------------------------------------

    【手順】

    ①削除データの準備(レポートで抽出しCSVでエクスポート)

    ②データローダを起動して、①のCSVデータの削除

    ------------------------------------

     

    以上です!驚くほど簡単そうですよね。

    そう簡単なんです。ただ簡単すぎて留意事項を忘れてはいけないので、レコード削除時の留意事項は

    こちらのヘルプをご確認ください。

    (主従関係の「親」のレコードを削除すると、「子」レコードも自動で削除されます。

    取引先を削除すると紐づく商談も消えてしまうので、削除する際は気を付けて対応をしてください!)

     

    それでは①②の設定方法をご紹介いたします!

     

  • 2. 削除データの準備

    それでは削除対象のデータの準備をしていきましょう!

    とはいえ、ここはレポートの作成ができる方であれば1分で終わってしまいます★

     

    ①Salesforceにて削除対象のレコードが抽出されるようにレポートを作成

    ※今回は「レコード名に"テスト"が含まれるもの」を対象にしていきます。

    上記のような感じで抽出がされます。

     

    ここで要注意です!!!!

    データローダ利用時には必須である「SalesforceID」を必ずレポート内に表示をしてください!

    ※上記のような形になります!

    今回はタスク(ToDo)のレポートなので「活動ID」=Salesforce​​​​​IDになります。

     

    ②作成したレポートをエクスポートする

    「▼」マークから「エクスポート」をクリック

    その後、「詳細のみ」をクリックし「文字コード」を”日本語(Windows)”を選択してエクスポートしてください。

    ※Macユーザの方は「文字コード」=Unicode(UTF-8)を選択ください。

    ※下記画像参照

     

    これでCSVデータが手元にある状態なので、データ準備は完了です!

  • 3. データローダでの作業

    それでは早速データローダを起動して削除をしていきましょう!

     

    ①データローダを起動し、「Delete」をクリック

     

    ②ログイン情報を入力

     

    ③対象のオブジェクトの選択とCSVデータの選択

    ※今回は「タスク(Todo)」の削除をしたいので、タスクを選択します

     

    ④「SalesforceID」のみをマッピング

     ※基本的にId以外はマッピングできないので、Idだけマッピングされていることを確認できたらOKです。

     

    ⑤データローダで削除をした後に、エラーデータを格納するフォルダを任意で選択し「Finish」

    ※こちらに関しては任意ですので、ご自由に選択ください。

     

    ⑥最終確認されるので、ここはびびらずに「はい」を選択

     

    ⑦下記のように全件が「Success」となっていればデータローダでの作業は完了

     

    最後に心配なので、実際にレコードが削除されているのかSalesforce上で確認をしてみましょう!

    問題なく削除されレポート上からも表示が消えております!

    これで1件ずつぽちぽちしなければいけないかも…と絶望に思っていた作業も終わりました!

  • 4. 最後に…

    データローダを利用したレコードの削除方法については以上です!

    1つ1つポチポチして削除しなければ…と思っていた作業もとっても簡単に終わりましたね!

     

    もし、誤ってレコードを削除してしまった…!という場合、削除をしてから15日以内でしたら、

    Salesforce上の「ごみ箱」に残っているので、復元をすることが出来ます!(朗報!)

    ※復元をしたいデータに✓を入れて、「復元」を押すだけでデータが復元されます。

     

    復元もこんなに簡単にできるなんて便利ですね…。

    ただ15日以上経過をするとレコードは削除されてしまいますので、この点についてはご注意ください!

     

    データローダを駆使して、業務効率をさらに上げていきましょう!

    それでは、See you next time :)

CONTACTお問合せ

MORE

電話でお問合せ 052-526-1391
受付時間:平日9:30~18:00